2018年 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

下肢静脈瘤でお悩みの方へ

足のむくみやすさや、膝裏のボコボコとした血管が気になる方、
下肢静脈瘤でお悩みの方へお伝えしたいこと。


 
下肢静脈瘤の予防には、弾性ストッキングが有効です。
 

弾性ストッキングを履いて生活したり、マッサージをしたり食事に気を付けたりしても、むくみの症状がなかなか改善されない、という方は下肢静脈瘤の可能性があるかもしれません。足をよく見ると膝の裏やふとももの裏の血管がボコボコと出ていませんか?もしくは赤や青の細かい血管が透けて見えるのも下肢静脈瘤です。
 

下肢静脈瘤は非常に多くの方がかかる疾患で、決して他人事ではありません。一度かかると自然に治ることはなく、工夫次第で進行を食い止めることはできても、基本的には徐々に悪化していきます。重症化すると治すのも難しくなり、皮膚潰瘍(かいよう)にまで進展する方もいらっしゃいます。現在は日帰り手術や保険適用の治療も普及し、誰でも気軽に治療を受けることができますので、気になる方はぜひ一度血管外科に相談してみましょう。



下肢静脈瘤とは
下肢静脈瘤とは、足の表面を走る静脈が、ぼこぼことコブのように盛り上がったり、クモの巣や網目状に血管が透けて見える疾患です。 基本的には自然に回復することはなく、時間と共に徐々に悪化してしまいます。
重症化すると潰瘍や血栓症などが発生し、治療が難しくなってしまいますので、早めに治療することをお勧めします。


下肢静脈瘤を治すには
下肢静脈瘤は、心臓から脚に送られた血液がうまく戻らないことで起こります。
血液が正常に戻るようにするには、散歩や深呼吸が有効です。 就寝時には足をやや高くして寝たり、毎日1.5リットル以上の水分を摂る、長時間の立ちっぱなしや座りっぱなしを避けるというようなこともお勧めしていますが、なかなか続かないという方は弾性ストッキングを利用するのが近道かもしれません。
しかし、残念ながら弾性ストッキングの着用で、下肢静脈瘤を完治させることはできません。
今や下肢静脈瘤の治療は数時間の在院時間で実施できるようになりました。
そして、早期に治療をすればするほど、回復も早く、楽に治療が完了します。
セルフケアでも改善が見られないという方は、ぜひ早期治療を検討してみてください。


下肢静脈瘤の手術について
手術を受ける前に大事なことは、正確な診断による適切な治療法のプラン二ングです。
下肢静脈瘤の治療は、静脈瘤の種類に応じて異なります。
まずは、経験豊富で信頼のできる血管外科医を探し、診察と血管エコー検査を受けることをおすすめします。
基本的にほとんどの方は血管をレーザーや高周波で閉塞する手術で対応できますが、血栓症や感染症を引き起こす可能性が大きい方は、下肢静脈瘤の治療の前に、先行して別の治療が必要になることがあります。
手術前はコンディションを崩さないように規則的な生活に心がけ睡眠もしっかり確保してください。

ぜひお気軽に北青山Dクリニックにご相談下さい。
(北青山Dクリニックのサイトはこちら